取手市||E様邸

お問い合わせはこちら

施工事例

取手市|人気のラジカル塗料で外壁塗装|E様邸

2019/10/15

施工事例データ

施工箇所
外壁、屋根、軒天、破風、雨樋、鉄部
使用材料
外壁:アレスダイナミックTOP
屋根:バイオマスR-Si
軒天:アレスセラマイルド
破風:セラMシリコンⅢ
雨樋:セラMシリコンⅢ
鉄部:セラMシリコンⅢ
診断結果
棟瓦の釘が浮いています。シーリング材で目止めして接着しながら再度打ち込みます。その後に洋瓦専用塗料で塗装していきます。
駐車場側の外壁は色褪せによってまだら模様に見えています。このタイプのサイディングはクリヤー塗装を勧められることが多いですが、外壁の色褪せやまだらに見えることを考えると、目地と表面の色を変える多色仕上げ(デュアルトーン工法)の方が綺麗に仕上がりますので、デュアルトーン工法での施工をオススメ致しました。
目地のシーリングは劣化して破断もしくはクレージング(表面が亀甲状に微細に割れる)を起こしています。目地はサイディング外壁の生命線です。早いうちの改修をおススメ致しました。

施工前の様子

シーリングが劣化して破断してしまっています。漏水の直接の原因になりますので、早急に打ち替えが必要です。

部分的に色褪せしており、まだら模様に見えてしまっています。

コケが生えています。コケは塗膜を侵食するので早めに除去してあげましょう。

釘が飛び出て浮いています。台風の大風で動いてめくれたのだと考えられます。

担当者からの一言

レンガ調のサイディング貼りのE様邸ですが、色褪せが気になってきたのことでご相談いただきました。屋根等も調査させていただきましたが、強風の影響で棟瓦の釘が浮いていたりと影響がございましたので、火災保険の活用を提案させていただきました。色も近年人気の濃茶できれいな仕上がりにお客様にもご満足いただくことができました。

シーリング 撤去作業

シーリング 充填

外壁 下塗り

外壁 中塗り

外壁 上塗り

軒天塗装

屋根棟瓦釘打ち込み

コーキング処理

屋根塗装

雨樋塗装