阿見町|空のように爽やかなブルーの屋根|S様邸

リフォーム前
リフォーム後
施工事例データ
施工箇所
外壁、屋根、軒天、破風、雨樋、雨戸、基礎
使用材料
外壁:アレスダイナミックTOP(関西ペイント)
屋根:アレスクールF(関西ペイント)
軒天:アレスセラマイルド(関西ペイント)
破風:セラMシリコンⅢ(関西ペイント)
雨樋:セラMシリコンⅢ(関西ペイント)
雨戸:セラMシリコンⅢ(関西ペイント)
診断結果
ご自信でヒビ割れを補修したとの事で、調査させていただいたところシリコンシーリングでの補修でした。シリコンシーリングの上には塗料が付着いたしませんので、全て撤去し、専用の接着剤を塗布してからヒビ割れ処理を行う必要があります。また、新たに発生したヒビ割れや2階廻りの目立たない箇所のヒビ割れなどもございました。そちらのヒビ割れも補修してから塗装を行いました。
施工前はこちら
1㎜幅以上の太いヒビ割れが入っています。ここから漏水して内部の木材まで水が回ってしまうでしょう。早急に対処しなければなりません。
ヒビ割れ補修されていますが割れてしまっているものもあります。またシリコンコーキングですと塗料が付着しません。
色褪せてコケが生えています。コケは塗膜を侵食するので早めに除去してあげましょう。
表面の塗膜が剥がれてしまっています。旧塗膜を除去し塗装する必要があります。
シリコンのシーリングがしてある箇所をキレイに削っていきます。シリコンシーリングは表面に油分が多くそのまま塗装すると塗料が付着しないので削る必要があります。
シリコンシーリングの跡にシリコンの油分も物ともしない、シーリング用プライマーであるシープラを塗っていきます。周囲にも油分が付着している可能性が高いので幅広く塗っていきます。
奥広ではおなじみのTNC工法でヒビ割れの補修をしていきます。
ヒビ割れ補修が終わったら下塗り、中塗り、上塗りと外壁を仕上げていきます。
屋根に遮熱塗装用の下塗り塗料を塗っていきます。
今回フォグブルーという爽やかな青い色をお勧め致しました。屋根に空の色が写りこんだかのようなキレイな青です。
付帯部は白で統一しました。建物全体が引き締まりました。
バルコニーの床もウレタン塗膜防水で仕上げました。
担当者からの
ひとこと
最初は全体的にシックな色を御希望でしたが、最終的にコチラでおススメさせていただいた色に決まり、結果的にとても色合いがマッチングして素晴らしい外観になりました。お客様もご近所から評判が良いとの事でとても喜んでいただくことが出来ました。今年は選考が終わってしまったので、来年度のグッドペインティングカラーに出品させていただこうと考えています。