阿見町|ヒビ割れをUカットシーリング工法で補修|T様邸

リフォーム前
リフォーム後
施工事例データ
施工箇所
補修:クラック補修
塗装:外壁、軒天、雨戸

使用材料
外壁:アレスダイナミックTOP(関西ペイント)
軒天・破風等の木部:ノンロット(三井化学産資)
診断結果
ヒビ割れがかなり多く発生していました。Uカットシーリング工法とはヒビ割れを特殊なカッターで掘り、そこにシーリング材を詰めていきます。その上からモルタルで蓋をし、吹き付けで廻りの模様と合わせる工法の事ですが、TNC工法と比べると若干補修跡が若干目立ってしまうのと、再発の可能性が少なからずあります。
今回上塗りには15年持つラジカル制御塗料での塗装をお勧めいたしました。
施工前はこちら
1㎜幅以上の太いヒビ割れが入っています。ここから漏水して内部の木材まで水が回ってしまうでしょう。早急に対処しなければなりません。
コケが生えています。コケは塗膜を侵食してしまいますので早めに対処しましょう。
軒天に黒ずみが目立ちます。汚れや、湿気で黒カビが発生しているものと思われます。
鉄部もチョーキングしていました。
高圧洗浄で汚れやコケをこそぎ落としていきます。
ヒビ割れ部をダイヤモンドカッターと言われる刃のついたハンドグラインダーで掘っていきます。
掘って拡張したヒビ割れにプライマーを塗布した後、シーリング剤を注入していきます。
セメント系の下塗り剤でフタをして補強します。
周りの模様に合わせるように基材を吹きつけていきます。
全てのヒビ割れを補修したら下塗りをしていきます。
中塗りです。前回より少し赤みがかかった色をチョイスされました。
上塗りです。
雨戸も塗装します。段差が細かいため吹きつけで仕上げていきます。
木部には木材保護塗料を塗装していきます。やはり入り組んでいる箇所が多いので吹き付けていきます。
担当者からの
ひとこと
色決めも細かく何度も打ち合わせをして決めていったので、お客様にも大満足していただけました。外壁と木部の色合いが上手く纏まって担当的にも大満足でした。