東京都狛江市|ランデックスコートでコンクリ打ちっ放しもキレイに塗装!|S様邸

リフォーム前
リフォーム後
施工事例データ
施工箇所
補修:外壁ヒビ割れ、コンクリート穴埋め補修
塗装:外壁、軒天、破風、雨樋、玄関ドア
使用材料
外壁:キルコ(シンマテリアルワン)
軒天:キルコ(シンマテリアルワン)
破風:キルコ(シンマテリアルワン)
雨樋:セラMフッソ(関西ペイント)
基礎:ランデックスコートB工法+FC(大日技研工業株式会社)
鉄部:セラMフッソ(関西ペイント)
木部:ウレタンクリヤー()
診断結果
屋根は洋瓦ですが前回塗装してあるようですので、今回は足場架設後にメンテナンスの必要性を調査しました。調査の結果今すぐの塗装の必要性が無いことから今回は見送りとなりました。外壁はモルタル造リシン吹きの外壁ですが、モルタル造の外壁に総じて言えることですが、ヒビ割れには要注意しなければいけません。このヒビ割れから毛細管現象により雨水がどんどん内部に染み込んでいってしまい、中の木材を腐らせる原因となってしまいます。今回は外壁に使用する塗料は遮断熱塗料であるキルコをオススメ致しました。現在主流であるシリコン塗料に比べて、コストパフォーマンスに優れ、その遮断熱効果は抜群に優れた塗料です。軒天と破風は外壁と同様のモルタル造ですので、メンテナンスも外壁同様の仕様となります。
基礎のコンクリート打ちっ放し部に関しては、大日技研のランデックスコートが効果的です。コンクリートの中性化を止めるだけでなく、いずれ起こるヒビ割れにも追従し、さらに美観も新築同様に復元できました。
施工前はこちら
1㎜幅以上の太いヒビ割れが入っています。ここから漏水して内部の木材まで水が回ってしまうでしょう。早急に対処しなければなりません。
コケが繁殖し、コンクリートが痩せて巣穴が目立ってきてしまっています。
軒天に黒ずみが目立ちます。汚れや、湿気で黒カビが発生しているものと思われます。
良好な状態ですが木部の塗装寿命は短いですので今のうちに早めのメンテナンスをオススメ致します。
コンクリート打ちっ放しの通路ですが、コケやカビが生えてきてしまっています。
駐車場のコンクリート打ちっ放し部の施工前写真です。
TNC工法でヒビ割れを補修していきます。
外壁の中塗りです。下塗りには無色透明なキルコ専用の下塗り塗料を使用しました。
コンクリートの欠損部分をモルタルで補修していきます。
コンクリート部分補修後。
コンクリートの爆裂部分や欠損部分、巣穴等を補修した後に表面を均一化させるために、セメント系の下塗り塗料を吹き付けしていきます。
コンクリートの素地の色で中塗りをしていきます。
仕上げにファンデーションでお化粧をしていきます。このファンデーションをパタパタとすることで、コンクリート打ちっ放しのまだら模様に仕上がります。
玄関ドアも意匠を替えて仕上げました。輪郭ができてカッコよくなったと喜んでいただけました。
ヒビ割れ部もキレイに塞ぎ、補修の跡も全く目立ちません。
コンクリート打ちっ放しのまだら模様がキレイに再現出来ています。
駐車場施工後
通路施工後
担当者からの
ひとこと
当初はラジカル制御塗料での施工をお勧めいたしましたが、お客様より遮断熱塗料での施工を御希望されましたのでキルコでの施工となりました。裏のアパートも一緒に施工させていただきましたが、どちらも非常に喜んでいただけました。ドアやコンクリート打ちっ放しの仕上がりと、ヒビ割れの補修には特に喜んでいただくことが出来ました。