土浦市|遮断熱塗装で光熱費削減の省エネ住宅へ!|M様邸

リフォーム前
リフォーム後
施工事例データ
施工箇所
外壁、屋根、軒天、破風、雨樋、雨戸、鉄部
使用材料
外壁:キルコ
屋根:キルコ
軒天:アレスセラマイルド
破風:セラMシリコンⅢ
雨樋:セラMシリコンⅢ
雨戸:セラMシリコンⅢ
鉄部:セラMシリコンⅢ
診断結果
色の褪せ方や艶の無さから判断し塗替え時期だと思います。屋根材の割れや欠損等はありませんでしたが、北面にコケが多く生えていましたので、きれいに除去して塗装する事をおススメしました。
サイディング材にチョーキングが見受けられました。早急に塗替えが必要なレベルでした。しっかりと高圧洗浄でチョーキングしている粉を落として、塗装をする必要があります。
また、目地や窓周りのシーリング材は、前回塗装時に交換してある箇所とそうではない箇所がありました。基本的には交換した箇所は増し打ち工法で対応できますが、場所によっては交換が必要な箇所がありましたので、部分的に打ち替えをするという方向で進めていきたいと考えました。

軒天や木部破風周りもある程度チョーキングしており劣化が進んでいました。塗装でのコーティングが望ましいです。しかし増築部の軒天と破風だけが他の箇所よりも劣化が進んでいるのが気になりましたので足場を組んでしっかりとした調査が必要かと考えます。若干雨漏りしている可能性がありましたので穴や隙間を埋めるだけ程度であれば処理をお薦め致しました。
施工前はこちら
シーリングが劣化して破断してしまっています。漏水の直接の原因になりますので、早急に対処が必要です。
2階北面角に増築部があります。構造が変わっていますので、雨仕舞いに応じての対処が必要になります。
軒天に黒ずみが目立ちます。汚れや、湿気で黒カビが発生しているものと思われます。こちらですが増築部分のみの黒ずみですので、もしかしたら雨仕舞いが悪く雨漏りが起きている可能性があります。
表面の塗膜が剥がれてしまっています。旧塗膜を除去し塗装する必要があります。こちらも増築部分のみの黒ずみですので、もしかしたら雨仕舞いが悪く雨漏りが起きている可能性があります。
屋根 縁切り・タスーサー設置
屋根 縁切り・タスペンサー設置完了
破風 塗装
軒天 塗装
外壁 下塗り
外壁 中塗り
外壁 上塗り
外壁 トップコート塗装
担当者からの
ひとこと
遮断熱塗料であるキルコは塗布するだけで夏冬の消費電力が最大40%の削減効果が期待できる省エネ塗料です。年間通すと電気代がおおよそ10%程度安くなるようです。キルコは塗料に配合された中空ビーズの作用により、夏は紫外線を反射して蓄熱しづらくさせて、冬は室内の熱を外に放出されるのを防ぐ効果があります。なので夏冬の冷暖房使用の抑制効果が期待できます。お客様も夏場の2階の室温上昇にお悩みだったようで、これでお悩みが改善されるでしょう。