土浦市|外壁のツートンカラーを逆転塗装!!|O様邸

リフォーム前
リフォーム後
施工事例データ
施工箇所
外壁、軒天、破風、雨樋、シャッターBOX、バルコニー
使用材料
外  壁:アレスダイナミックTOP(関西ペイント)
軒  天:アレスセラマイルド(関西ペイント)
破  風:セラMシリコンⅢ(関西ペイント)
雨  樋:セラMシリコンⅢ(関西ペイント)
シャッターBOX:セラMシリコンⅢ(関西ペイント)
バルコニー:アトレーヌ水性トップ
診断結果
目地シーリングの劣化が気になり、2階部分は破断しているので交換が必要でした。
外壁がサイディングの場合、雨漏りはほとんど劣化した目地シーリング部分から発生しています。

劣化が激しい箇所のみの交換を考えたのですが、全部交換しても費用に大きな違いはありませんでしたので、
シーリングを全て交換することをオススメ致しました。
また、シーリング自体も長く耐久するようになるので、耐用年数が長い塗料をおススメさせていただきました。

建物真ん中の帯状の幕板の接合部が硬化して破断していました。
コチラも破断部分から水が回りやすいので直しておかなければなりませんでした。
施工前はこちら
シーリングがクレージング(表面が亀甲状にヒビ割れる)現象を起こしています。シーリング劣化の初期段階です。また、幕板より上のサイディングの目地には破断が見られました。
1㎜幅以上の太いヒビ割れが入っています。ここから漏水して内部の木材まで水が回ってしまうでしょう。早急に対処しなければなりません。
幕板の接合部の目地に破断が見られます。色褪せが若干気になります。
日焼けしています。日焼けが進むと硬化して劣化してしまいますので塗装でコーティングしてあげることが必要です。
高圧洗浄中です。汚れやコケなどを高圧水できれいに落とします。
シーリングの撤去をしています。
シーリングの充填してならしていきます。
外壁の下塗りです。
外壁中塗り
外壁上塗り
雨樋も塗装してきれいに仕上げます。
バルコニーの床も塗膜防水で仕上げました。
担当者からの
ひとこと
来社された際に御家族みんなでお越しいただき、色々とお話をさせていただきました。その中でやはり色に対してのこだわりが強かったため、色の選定には特にチカラを入れさせていただきました。外壁がツートンカラーだったのですが、上下逆に入れ替えたいとのお話しでしたのでカラーシミュレーションを使用し、細部までシミュレーションして色決めをさせていただきました。お客様も満足していただけたのではないかと思います。