土浦市|台風の破損を火災保険にて直し外壁も塗装しました|M様邸

リフォーム前
リフォーム後
施工事例データ
施工箇所
外壁、軒天、破風、雨戸
使用材料
外壁:コスモシリコン
軒天:NAD防カビ塗料
破風:セラMシリコンⅢ
雨戸:セラMシリコンⅢ
診断結果
軒天の破損は、10月1日の台風通過後に飛ばされていたのを発見、近所にも飛んでいったとの事。改修はベニヤ板を貼り替えた後、塗装にて仕上げます。
雨樋は今年1月の降雪時に屋根に積もった雪が落ちて損傷したものと考えられます。軒樋のみの交換作業になるかと思います。
上記の作業を行う上で高所での作業になりますので、足場の架設が必要になります。
施工前はこちら
剝がれてバラバラになってしまった軒天です。
外壁にも大きなヒビ割れがあり、大至急補修が必要でした。
外壁高圧洗浄
木部ケレン(研磨)作業中。この工程をしっかりやるか手を抜くかで仕上がりと耐久性に差が出ます。
木部下塗り。今回は赤い色の下塗り塗料を使います。下塗り塗料は塗装面と上塗り塗料を密着させる接着剤の様な役割があります。
木部上塗り。手を抜かずにじっくりと仕上げることで、日数はかかりますがお客様に満足していただけるものになると信じています。
雨樋塗装も手をかけることによって日焼け防止に繋がり、割れなどの破損防止になります。
雨戸は吹付にて塗装していきます。吹き付けることによりピカピカときれいに仕上がります。
軒天は全面に新しく増し張りした後に塗装しました。増し張りしたことで段差も無く美しく頑丈になりました。
外壁塗装下塗り工程。こころを込めて丁寧に塗りこんでいきます。
外壁塗装中塗り。色が付いてくる中塗りの時が塗っていて一番楽しい工程です。
外壁塗装上塗り。丁寧にじっくりと仕上げていきます。
担当者からの
ひとこと
弊社のすぐ真裏に住んでいらっしゃるM様。昨年10月の台風の際に軒天が吹き飛んでバラバラになってしまっておりました。弊社の方でお声がけさせていただき、保険が使えるならばと工事させていただくことになりました。施工後はとにかく喜んでいただき、また何かあったら奥広さんへお願いするよと仰っていただきました。担当者冥利につきますね!