つくば市|外壁と玄関ポーチ床を改修でリフレッシュ|A様邸

リフォーム前
リフォーム後
施工事例データ
施工箇所
外壁、軒天、破風、雨樋、雨戸
使用材料
外壁:アレスダイナミックTOP(関西ペイント)
軒天:アレスセラマイルド(関西ペイント)
破風:セラMシリコンⅢ(関西ペイント)
雨樋:セラMシリコンⅢ(関西ペイント)
雨戸:セラMシリコンⅢ(関西ペイント)
診断結果
外壁はチョーキングもしておらず、コケも多い方ではありません。比較的キレイな状態を維持していました。
しかし、ヒビ割れや目地シーリングの劣化がありました。
ヒビ割れ部にはエポキシ系樹脂を練りこんで埋め、目地シーリングは劣化の酷い箇所は打ち替え、
残りの部分は打ち増しでの補修をご提案させて頂きました。

外壁の塗替えにはシリコン塗料(10年耐久)とラジカル制御塗料(15年耐久)をご提案させて頂き、
超高耐久の塗料より次回のメンテナンスを見越して10~15年ほど耐久する塗料をオススメ致しました。

雨樋や水切りなどの鉄部は下地処理を施した上でのシリコン塗料での塗装をご提案させて頂きました。鉄部は白サビが発生しており、通常の錆とは違い、化学変化による汚れに近い劣化なのでしっかり洗い流し、研磨してあげることで発生を抑えることが出来ます。
軒天は黒ずみや汚れが少々見受けられますが、バルコニーの裏側にコケが生えていますので、除去してあげた上での塗装をオススメ致しました。
施工前はこちら
コケが生えています。コケは塗膜を侵食してしまいますので早めに対処しましょう。
シーリングが劣化して破断してしまっています。漏水の直接の原因になりますので、早急に打ち替えが必要です。
軒天に黒ずみが目立ちます。汚れや、湿気で黒カビが発生しているものと思われます。
日焼けしています。日焼けが進むと硬化して劣化してしまいますので塗装でコーティングしてあげることが必要です。
高圧洗浄
既存目地シーリング撤去後、新規シーリング材充填
シーリング材ならし
軒天 下塗り
軒天 上塗り
外壁 下塗り
外壁 中塗り
外壁 上塗り 仕上げ
玄関ポーチ前床タイルはつり撤去
玄関ポーチタイル完了
担当者からの
ひとこと
外壁に少しの塗膜の剥がれがあり、そこから浴室の換気扇の不具合を見抜いたのが選んでいただいた決め手だったのかなと思います。その後も職長も気に入っていただいて、お友達も紹介するからその時も今回の職長さん頼むわね!と大変ありがたいお言葉をいただきました。A様今後とも末永いお付き合い宜しくお願い致します。