つくば市|ヒビ割れ補修と遮熱塗装でお住まいが若返る|E様邸

リフォーム前
リフォーム後
施工事例データ
施工箇所
外壁、屋根、軒天、付帯物
使用材料
外壁:コスモシリコン
屋根:アレスクールSi
軒天:アレスセラマイルド
付帯物:セラMシリコンⅢ
診断結果
スレート瓦に数箇所のヒビ割れが発生していました。すぐに割れて欠損するということはありませんが、雨漏りの危険もございますので補修しておいた方が良いでしょう。
コケも生えてきているのでそろそろ高圧洗浄で除去し、塗替えの時期ではないでしょうか。
外壁に走っている十数本のヒビ割れですが、モルタル壁の雨漏りの原因の8割はこのヒビ割れからです。大至急補修しなければいけません。ヒビ割れを補修してから塗装しないと防水効果は期待できません。
各付帯部に塗膜の剥がれが見られます。下処理をせずに塗装すると塗膜が剥がれやすくなってしまいます。しっかりと下処理をした上で塗装することをおススメ致します。
施工前はこちら
細いものから1mm以上のものまで無数のヒビが入っていました。
玄関ドアが白っちゃけてしまっています。元に戻すなり色を替えるなりすれば見栄えが良くなります。
表面の塗膜が剥がれてしまっています。旧塗膜を除去し塗装する必要があります。
コケが生えています。コケは塗膜を侵食するので早めに除去してあげましょう。
足場架設後
外壁 高圧洗浄
屋根 高圧洗浄
木部、樋の塗装です。下塗り後(白くなっているところ)に上塗りをしていきます。下塗りをしっかりとしないと早期に塗膜がはがれる原因となります。
玄関ドアの塗装です。今回は前回よりも濃い色に仕上がりました。
クラック補修をTNC工法にて行いました。TNC工法は躯体をキズつけることなく、壁の模様も潰さない新しい工法です。その上ヒビ割れの再発の心配もありません。
外壁下塗り中です。
外壁中塗り中
外壁上塗り。仕上げになりますのでローラー刷毛の動きを均一にしながら塗布していきます。
屋根下塗りです。遮熱塗装用の下塗りをした後にタスペーサーを設置しながら縁切りをしていきます。
屋根中塗り
屋根上塗りです。
担当者からの
ひとこと